洗濯なのに社交的?「ソーシャルランドリー」とは

ソーシャルランドリーは都市型のコインランドリー

近年需要が高まっているとして注目されているコインランドリーの新たな進化系として知られているのが、ソーシャルランドリーと呼ばれるサービスです。特徴としては住宅街などこじんまりとしたところに設置されているのではなく都市部など人通りの多い繁華街や飲食店の多い場所に設置されているところで、その特徴から「都市型のコインランドリー」と呼ばれる場合もあります。
ソーシャルランドリーのパイオニアとして発祥の地と言われているのはドイツで、そこから徐々に世界中に広まったサービスが日本でも導入されたのが始まりだと言われています。まだ数としては多いわけではなく都心部にサービスが集中しているのですが、今後は徐々に地方などにも普及する可能性が期待されています。

洗濯をしながら憩いの空間を楽しめるのが魅力

ソーシャルランドリーが注目を集めている理由のひとつが、コインランドリーとして以外の役割を有しているところです。
例えばコインランドリーのブースの横にカフェが設置されていて、待ち時間の間は気軽にお茶をしたりママ友や友人たちとの語らいを楽しむ人も多いです。カフェの中には子供たちが遊べるブースもあるので子供と一緒に来ても楽しめますし、Wi-Fiが完備されているところも多いのでネットをしながら待ち時間を潰す人もいます。
このようにコインランドリーでネックとなる待ち時間を憩いの空間で待てるようになっているほか、知り合いの人や家族とのコミュニケーションの場として活用できるところが大きな魅力となっているのです。